セルフエステはここまで進化!Panasonic Beauty SALON 表参道レポ!

セルフエステはここまで進化!Panasonic Beauty SALON 表参道レポ!
セルフエステはここまで進化!Panasonic Beauty SALON 表参道レポ!

一人ひとりに最適な美容家電を使ったトータルビューティプランを提案&体験できるPanasonic Beauty SALON 表参道が期間限定でオープン! コンシューマー向け美容機器の最新事情をのぞいてきました!

 

 

2018年12月13日(木)、パナソニック株式会社(大阪府門真市)が主催する「Panasonic Beauty SALON 表参道」オープニングプレスイベントにおうかがいしてきました。会場は表参道ヒルズ本館のスペースオー。会場は、サロンというより展示会に近い雰囲気。所狭しと展示されている美容機器は、クリスマス感あふれるデコレーションで可愛い! メディア関係者の数もかなり多く、高い注目度が実感できました。

 

 

お客様目線で体験する最新ホームケア事情


 

会場には「ヘア・フェイス・ボディにおける美容悩み」や「ライフスタイル」などから、来場者一人ひとりに最適なビューティプランを提案する診断システム『Beauty Recipe Maker』が設置されおり、診断後は体験エリアですぐにおすすめの美容家電のお試しができるという、女性にはとってもうれしいエリアがありました。

 

可愛いPOPと小物類。座っただけでワクワク、テンションUP

 

家電量販店ではなかなか落ち着いてお試しができる場所は少ないと感じていたので、座ってじっくり試せるのはとっても画期的。さらに、「Mind Beautyエリア」では、話題のマインドフルネスと美容家電を融合した特別な美容メソッド『Panasoic Beauty-Fulness』を体験できるスペースも用意されています!

 

 

こちらは全席リクライニングソファ完備の完全な癒し空間。うるおいに特化した「uruoiコース」、リフトケアに特化した「egaoコース」の2つのセルフエステコースから選ぶことができ、「uruoiコース」ではPanasonic Beauty オリジナルシートマスクをつけての体験もできるという至れり尽くせりっぷり。約30分間、音楽を聴きながら、自身とじっくり向き合うことで、心も体も美しくなる極上のセルフケア体験ができます。

 

egaoコース体験中。エステサロンでもエントランスで待っている間にできたら嬉しいですね。

 

 

水原希子の「美育」、「バンブーガール」最新美容用語に驚き!


 

イベントには、Panasoic Beautyの宣伝キャラクターを務める水原希子さんが登場! 華やかなワンピースを身にまとい、より一層引き立つ美貌に終始見惚れてしまいました!

 

水原希子さん。全女性のめざすものはこのボディですね

 

ご自身のプライベートでは、毎日自分のコンディションをきちんと把握して、その時々に応じたセルフケアをして、美育やながら美容をされているとのこと。「自分に合った美容家電を一気に試して探すことができる機会はなかなか無いので、Panasonic Beauty SALON 表参道には幅広い年代の沢山の方に足を運んでいただきたい」とコメントされていました。

 

また、おひとりさまや草食系男子などの流行語を世に広めた世代・トレンド評論家 マーケティングライター 牛窪 恵氏も登壇。牛窪氏によると、2019年の美容トレンドは、忙しい現代女性が効率よく自分に合う美容法を見つけ、自分のペースでコツコツと美しさを育てていく「美育」がキーとなる模様。また、めざす女性像については、ダイバーシティ時代のなか、ブレない芯の強さを持ちながらも周りの声を聞いて柔軟に対応できる女性として「竹のように強くしなやかに生きる”バンブーガール”」への憧れが強まるとのこと。忙しい日々で「いかに賢くおうち時間を過ごすか?」が、今後のキーワードになっていくそうです。

 

 

サロン専売と量販店向け商品、お客様はどちらを選ぶ?違いを知るチャンス


 

銀座に続いて表参道。パナソニックビューティサロンの取り組みは、特別に思えるかもしれませんが、実はBWJでも長蛇の行列を作る『リップアディクト』も表参道でポップアップストアを開いており、期間限定でアピールする場として表参道が使われることは増えているように感じます。

 

たとえばこの鏡。ヘアケア製品用なのに、全身映る姿見を用意しているところは、本当に女性心理を知り尽くしているなと思いました!

 

ホームケアやセルフエステに興味のある女性は、自分の見せ方を知っていて、素の自分自身の体を整えたいと思っている人がほとんどです。そう、エステに通うお客様と、客層は変わらないんですね。

 

そんな女性たちに有名メーカーがどうアプローチするのかは、サロン運営や接客においてぜひ知っておくべきこと。今回のポップアップストアのディスプレイ、放置しているようでしていないお客様が自分で選んで体験するシステムなど、ぜひエステティシャンも肌で体験して欲しいです。

サロン専売用品のライバルである一般家電メーカーが「セルフエステ」として提供・提案している最新情報は、プロは絶対に知っておくべき!と思いました。

 

 

美容家電の実力と進化の速さにびっくり!


 

さて!私も何か体験したい!ということで、愛用しているナノケアドライヤーの最新版、『ヘアードライヤー ナノケア EH-NA9A』を使ってプロにブローしていただきました!

 

 

傷んだ髪の毛がみるみるうちにつやっつやになり、改めて最新美容家電の進化スピードの速さを感じました。ほうれい線が気になる私は、本格的なリフトケアができる『RF美容器 EH-SR71』と、効率よくプルプル肌をめざせる『導入美容器イオンエフェクター〈高浸透タイプ〉EH-ST86』もかなり気になりました。

 

その反面「この機能はプロ向けにしかないんだな」「これはエステティシャンの説明の方が納得させられる」という発見もあり、色々な意味で勉強になりました。

 

トレンドになりつつある「自分へのご褒美」セルフエステが体験できる「Panasonic Beauty SALON 表参道」エステティシャンのみなさんも、ぜひ行ってみてください!

 

 

Panasonic Beauty SALON 表参道
期間:2018年12月14日(金)〜12月25日(火)
営業時間:13:00~20:00
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース・オー
(東京都渋谷区神宮前4丁目12番10)

 


取材・文 石原妙華

 

協力 Panasonic Beauty 
https://panasonic.jp/beauty/
パナソニックビューティサロン銀座
https://panasonic.jp/beauty/salon.html
[紹介元] エステティック通信【エステサロン向け業界専門誌】 セルフエステはここまで進化!Panasonic Beauty SALON 表参道レポ!

美容健康ニュースカテゴリの最新記事